関東大会1回戦 レポート

vs三栄不動産


1月13日に全日本フットサル選手権関東大会の1回戦が行われました。

アバンソールさいたまは関東2部の三栄不動産と対戦。

前半の早い時間に21番柴田が相手最後尾の選手からボールを奪い、ゴール前に走り込んだ14番秋山(メンディー)へ

これが決まり1-0と先制に成功する。

その10分後に相手キックインからゴール前に蹴り込まれそれを押し込まれる。1-1同点

さらに、3番小檜山が右サイドから崩しシュートするも相手GKにキャッチされ前線に残っていた18番にスロー。37番GK大平の股を抜かれて1-2となる。

それでもすぐさまカウンターから8番宮本がゴールに蹴り込み2-2と試合を振り出しに戻す。

その直後、8番宮本に変えて入った22番島崎がゴール前14番メンディーの折り返しをダイレクトで強蹴。これが決まり3-2と逆転に成功。

ここで前半終了

後半立ち上がりに、攻撃キックインのバックパスをカットされ、そのまま11番に決められて3-3となってしまう。

ここからアバンソールは攻め立てるが、三栄不動産のDFに阻まれシュートが入らず。

そして、残り30秒。。攻撃に枚数をかけていた隙をつかれ、またもカウンターから4失点目。

このまま試合が終わり3-4の敗戦となりました。

遠いいところまで応援に来てくださった方々本当にありがとうございます。

関東参入戦では、必ず結果として恩返ししたいと思います。

一覧へ戻る

ROAD TO "F"

共にFリーグを目指しませんか?

さいたま市を拠点として活動しているアバンソールさいたまは、本気でFリーグを目指しています。
そのためには、まだまだチーム力の強化が必要です。
フットサルで埼玉を盛り上げたい方、もう一度何かに挑戦する喜びを感じたい方、
夢に向かってプレーする選手を支えたいスタッフの方。
少しでも興味を持たれた方は、ぜひ以下から練習見学・参加してみてください。

練習見学・参加申し込み